中小企業の事業承継、個人のお客様の相続税申告や生前対策のご相談は、東京の税理士法人トゥモローズへ

Menu

事業承継

事業承継

私達の使命

老舗企業の創出 事業承継を成功に導く 老舗企業の創出 事業承継を成功に導く

日本が今後の社会活力を維持・増大するためには、中小企業の事業承継を成功に導くことがとても重要になります。その重要性を政府も認識しているため、経営承継円滑化法、事業承継税制、事業引き継ぎ支援センター創設など事業承継に関する各種制度による対策が近年頻繁に講じられています。

日本の中小企業の寿命は約20年といわれています。この寿命には10年未満で廃業してしまう数もカウントされているため、30年以上の社歴のある会社が二代目にバトンタッチをしたことにより廃業に追い詰められている数もそれなりにあることを感じさせます。
すなわち、事業承継を契機として販売不振に陥る会社も多いということです。

しかし、私たちは、事業承継はピンチではなくチャンスだと考えています。
事業承継は、企業をより強くするためのとても重要な機会だと考えているのです。
事業承継を機により強い企業になる、そしていずれその企業は老舗になる。
私たちの使命は、より多くの老舗企業を創設することです。

老舗企業になるためには?

不易流行

不易流行とは、いつまでも変化しない本質を重要視しつつも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくことです。
事業承継において、この不易流行を現経営者と後継者の双方が共有し、共感することが非常に重要となります。

かつて、かの有名な自然科学者であるダーウィンはいいました。
「強い者、頭の良い者が生き残るのではない。変化するものが生き残るのだ。」

常に環境に対応して変化していかなければ企業として存続できません。
ただし、すべてを環境に変化させては自社の強みは弱みへと変わります。自社の強みとして絶対に変えてはならないことを現経営者と後継者が共有、共感しながら進めていくのが老舗企業になるための事業承継です。

私たちの事業承継は、税務や法務のアドバイスだけではなく、老舗企業になるために絶対に必要となる貴社の不易流行を一緒に寄り添って考えていくことを重視します。
自社の「経営理念」「強みの再確認」「将来における事業の方向性」を共に考え、事業承継計画に織り込んでいくことにより老舗企業の実現を目指します。

相続税申告・事業承継の専門家が相談承ります。