東京都日本橋の相続税・相続手続き・相続不動産の活用専門の税理士法人

Menu

知識

事業承継税制 更新日:

事業承継税制 相続税の納税猶予額の計算方法


本記事は、平成30年税制改正前の情報ですのでご留意ください。

みなさんこんにちは。
相続税専門の税理士法人トゥモローズです。

今回は、事業承継税制における相続税の猶予額を具体的な計算例を用いて解説します。
後継者が債務を承継する場合には若干ややこしくなるので注意が必要です。

事業承継税制の要件については、事業承継税制 基本中の基本をご参照ください。

非上場株式の相続税の納税猶予額は、下記の手順に従って計算します。

相続税の納税猶予額の計算方法

1.手順①(通常の相続税計算)

 
納税猶予のことは一切忘れて普通に相続税の計算をします。
後継者以外の相続人の相続税額はこの手順①で終了です。この金額がそのまま納付税額となります。すなわち、手順②以降は後継者の納税猶予額を出すためだけに計算するのです。

2.手順②(非上場株式に限定して相続税計算)

 
後継者が非上場株式のみを相続したものと仮定して計算します。
すなわち、後継者以外の相続人の課税価格と後継者が相続した非上場株式の課税価格のみを合計して相続税の計算をします。
後継者が債務を承継していない場合にはここまでの解説だけで問題ないのですが、後継者が債務を承継した場合には若干ややこしくなります。

a.承継した債務≦後継者が相続した非上場株式以外の財産

債務のことは気にしないで上記の通り非上場株式の評価額のみを課税価格に含めます。

b.承継した債務>後継者が相続した非上場株式以外の財産

この場合には、非上場株式の評価額をそのまま課税価格に含めることはできません。
次の「特定価額」を課税価格に算入します。
特定価額=非上場株式の評価額―控除未決済債務額
※控除未決済債務額=承継した債務―後継者が相続した非上場株式以外の財産

3.手順③(20%評価で相続税計算)

 
後継者が非上場株式の評価額(又は特定価額の評価額(上記2bの場合))×20%の金額のみを相続したものと仮定して計算します。すなわち、後継者以外の相続人の課税価格と後継者の上記の20%を合計して相続税の計算をします。

4.手順④(納税猶予額)

 
上記2と上記3の相続税額を控除した金額が納税猶予額となります。

5.手順⑤(納付税額)

 
上記1の相続税額から上記4の納税猶予額を控除した金額が後継者の納付相続税額となります。
後継者以外の相続人の納付相続税額は前述の通り上記1で計算した金額そのままです。
 

【具体的計算例その1】

被相続人 (先代) 父
相続人   長男(後継者)、長女
遺産    非上場株式3億円 その他の財産2億円 借入金1億円
遺産分割  長男:非上場株式2億円、借入金1億円 長女:その他の財産2億円

1.手順①(通常の相続税計算)

 
長男 2億円(非上場株式3億円-借入金1億円)+長女2億円-基礎控除4,200万円=3億5,800万円
3億5,800万円×1/2=1億7,900万円
1億7,900万円×40%―1,700万円=5,460万円
5,460万円×2=1億920万円
長男 1億920万円×2億円/4億円=5,460万円
長女 1億920万円×2億円/4億円=5,460万円

2.手順②(非上場株式に限定して相続税計算)

 
控除未決済債務 借入金1億円-(取得財産3億円―非上場株式3億円)=1億円
長男2億円(非上場株式3億円-控除未決済債務1億円)+長女2億円-基礎控除4,200万円=3億5,800万円
3億5,800万円×1/2=1億7,900万円
1億7,900万円×40%―1,700万円=5,460万円
5,460万円×2=1億920万円
長男 1億920万円×2億円/4億円=5,460万円

3.手順③(20%評価で相続税計算)

 
長男4,000万円(2億円×20%)+長女2億円-基礎控除4,200万円=1億9,800万円
1億9,800万円×1/2=9,900万円
9,900万円×30%―700万円=2,270万円
2,270万円×2=4,540万円
長男 4,540万円×4,000万円/2億4,000万円=756万円

4.手順④(納税猶予額)

 
5,460万円-756万円=4,704万円

5.手順⑤(納付税額)

 
長男 5,460万円-4,704万円=756万円
長女 5,460万円
 

【具体的計算例その2】

被相続人 (先代) 父
相続人   長男(後継者)、長女
遺産    非上場株式3億円 その他の財産4億円 借入金1億円
遺産分割  長男:非上場株式3億円、その他の財産2億円、借入金1億円 長女:その他の財産2億円

1.手順①(通常の相続税計算)

 
長男2億円(非上場株式3億円+その他の財産2億円-借入金1億円)+長女2億円-基礎控除4,200万円=5億5,800万円
5億5,800万円×1/2=2億7,900万円
2億7,900万円×45%―2,700万円=9,855万円
9,855万円×2=1億9,710万円
長男 1億9,710万円×4億円/6億円=1億3,140万円
長女 1億9,710万円×2億円/6億円=6,570万円

2.手順②(非上場株式に限定して相続税計算)

 
控除未決済債務 借入金1億円-(取得財産5億円―非上場株式3億円)=△1億円⇒ゼロ
長男3億円(非上場株式3億円-控除未決済債務ゼロ)+長女2億円-基礎控除4,200万円=4億5,800万円
4億5,800万円×1/2=2億2,900万円
2億2,900万円×45%―2,700万円=7,605万円
7,605万円×2=1億5,210万円
長男 1億5,210万円×3億円/5億円=9,126万円

3.手順③(20%評価で相続税計算)

 
長男6,000万円(3億円×20%)+長女2億円-基礎控除4,200万円=2億1,800万円
2億1,800万円×1/2=1億900万円
1億900万円×40%―1,700万円=2,660万円
2,660万円×2=5,320万円
長男 5,320万円×6,000万円/2億6,000万円=1,227万円

4.手順④(納税猶予額)

 
9,126万円-1,227万円=7,899万円

5.手順⑤(納付税額)

 
長男 1億3,140万円-7,899万円=5,241万円
長女 6,570万円

事業承継税制

相続税の申告手続き、トゥモローズにお任せください

相続税の手続きは慣れない作業が多く、日々の仕事や家事をこなしながら進めるのはとても大変な手続きです。

また、適切な申告をしないと、後の税務調査で本来払わなくても良い税金を支払うことにもなります。

税理士法人トゥモローズでは、豊富な申告実績を持った相続専門の税理士が、お客様のご都合に合わせた適切な申告手続きを行います。

初回相談は無料ですので、ぜひ一度お問い合わせください。

相続税申告・事業承継の専門家が相談承ります。
相続税申告はトゥモローズにお任せ下さい

関連記事

書籍紹介

  • イレギュラーな相続に対処する 未分割申告の税実務

    清文社 (2016/12/21)

    相続争いに発展してしまった場合の相続税実務について、未分割申告の論点、遺言書がある場合の争い案件の論点、遺産分割等が確定した場合の更正の請求、修正申告、期限後申告の論点につき、実務上特に留意すべき点を具体的・網羅的に解説。

  • 歯科医院の上手なたたみ方・引き継ぎ方 (閉院・事業承継・相続の手順とポイント)

    清文社 (2017/5/16)

    今まさに引退を考え始めている歯科医院の院長は特に必見! 本書は、歯科医院における閉院・事業承継及び相続時に役立つ知識や注意点等をわかりやすくまとめて解説。 1閉院→各種書類はどこにいつまでに提出?2事業承継→子/勤務医/第三者への承継はどのように異なるのか?3相続→相続人に後継者と非後継者がいる場合の財産の分配はどうすればいいの?・・・といった、点を図解をまじえてわかりやすく解説。まさに歯科医院の院長の不安・疑問を総合的に解消できる充実した内容の一冊!