【専門税理士が教える! 『相続開始後』でも提案できる相続アドバイス】 書籍発刊のお知らせ

皆さま、こんにちは。
相続税専門の税理士法人トゥモローズです。

弊法人が執筆しました
「専門税理士が教える! 『相続開始後』でも提案できる相続アドバイス」が、この度、清文社より発刊される運びとなりました。

書籍は、来週以降に書店に並び始める予定ですが、Amazonでは予約受付中です。

相続開始後に相続人に提案できるアドバイスをわかりやすくまとめました。

第1章では、初回面談の臨み方等、直近で大切な家族を亡くした相続人に対してどのように接するべきか、契約後の手続きをスムーズに進めるためにどのようなことをアナウンスして、どのような内容のヒアリングをすべきかにつき言及しています。また、相続税申告に必要となる資料の収集についても相続人にできるだけ負担なく収集してもらうためのコツや税理士が代理取得できるものをどのようにスムーズに取得するか等のノウハウをわかりやすく解説します。

第2章では、相続財産の評価について、税理士の提案で財産評価が引き下げられる論点について不動産、非上場株式、その他の財産に分類して実務上の頻出論点につき具体的数字を使いながら解説しています。

第3章では、税理士が提案すべき遺産分割の論点をまとめました。相続人の遺産分割におけるニーズは相続税の節税だけではありませんが、相続税の負担をできるだけ抑えたいというニーズはどの案件でも共通します。税理士の提案により相続税の負担が大きく異なり、逆に言えば、税理士の提案により過大な納税を強いられた相続人から損害賠償請求をされる可能性もゼロではありません。遺産分割の実務現場では、相続人が満足できるような分割となるよう税理士うまく立ち回らなければなりません。本書では配偶者居住権等最新の税制改正の情報含めてどのように税理士が提案すべきかについて主要な論点をわかりやすく解説しました。

最終章である第4章は、相続税申告後のアフターフォローとなります。相続税の税務調査はもちろん、相続した財産を譲渡した場合の譲渡所得税で気をつける論点や税務以外で相続人にフォローできる部分についても網羅的に解説しています。