東京都日本橋の相続税・相続手続き・相続不動産の活用専門の税理士法人

Menu

知識

小規模宅地の特例 更新日:

【小規模宅地等の特例】特定事業用宅地等は事業規模によっては適用不可?


こんにちは。
税理士法人トゥモローズです。

小規模宅地等の特例のうち、事業を行っていた宅地に係る特定事業用宅地等というものがありまして、400㎡まで80%評価減ができるというものです。
この特例について事業の規模が適用可否に関わるものかを確認していきたいと思います。

※追記:
小規模宅地等の特例について、基本的な情報をわかりやすくまとめた記事を新たに作成いたしましたので、必要に応じて参考にしていただければと思います。
>>小規模宅地等の特例をわかりやすく解説。相続した土地にかかる相続税を最大80%減額

1. 特定事業用宅地等の事業とは?

特定事業用宅地等とは、租税特別措置法69条の4において、亡くなった人の事業の用に供されていた宅地と規定されています。
そして、この事業には、
①不動産貸付業、②駐車場業、③自転車駐車場業、④準事業
の4つが除かれています。
①から③はわかりやすいと思いますが、④の準事業とはなんでしょうか。
準事業とは、事業と称するに至らない不動産の貸付その他これに類する行為で相当の対価を得て継続的に行うものをいいます。
簡単に言うと小遣い稼ぎ程度のものということです。

まとめると、特定事業用宅地等には、不動産貸付と小遣い稼ぎをやっている宅地は含めてはいけませんよということです。

2. 特定事業用宅地等と貸付事業用宅地等

上記1で不動産貸付が特定事業用宅地等から除かれてしまい小規模宅地等の特例の適用ができないかと思ったかもしれませんが、上記1で除かれた不動産貸付業等は、貸付事業用宅地等として200㎡まで50%評価減ができる特定事業用宅地等とは別の特例がありますので安心してください。
なお、貸付事業用宅地等の場合には、事業と称するに至らない不動産の貸付であっても原則として適用が可能です。原則としてと書いたのは、平成30年改正により、相続開始前3年以内に事業の用に供された宅地等については、事業規模の制限が追加されたためです。詳しくは、小規模宅地等の特例 平成30年税制改正 貸付事業用宅地等をご参照ください。

3. 所得税のとの関係

事業をしていたり、貸していたりすると所得税が毎年かかります。所得税には10個の所得区分があり、小規模宅地等の特例に関係する所得区分は、下記3つです。
■ 事業所得
こちらの所得区分に該当した場合には、その事業の敷地は特定事業用宅地等に該当します。
■ 不動産所得
こちらの所得区分に該当した場合には、その貸付事業の敷地は、貸付事業用宅地等に該当します。なお、不動産所得には5棟10室等で判定する事業的規模という概念が有りますが、貸付事業用宅地等についても上記の通り、相続開始前3年以内に事業の用に供された宅地等については、従前から事業的規模である必要があります。
■ 雑所得
問題はこちらの所得区分です。所得税と相続税では考え方が違うため、上記1の準事業=雑所得と完全一致ではありませんが、ニアリーイコールになります。
したがって、雑所得に所得区分された敷地については、貸付事業を除いて小規模宅地等の特例の適用はできないと考えたほうが良いでしょう。

小規模宅地等の特例

 

4. 事業所得と雑所得の違い

事業所得の場合には400㎡まで80%評価減ができて、雑所得の場合には基本的には評価減ができないとなるとこの所得区分が非常に重要となります。
事業所得は、所得税法において、対価を得て継続的に行う事業と規定されているだけで、明確な規定はありません。過去の裁決事例等では、下記を総合的に考慮して事業所得と雑所得を区分することとされています。
・営利性、有償性
・反復継続性
・職業の社会的地位
・自己の危険と計算において独立的に営む
・人的、物的設備の有無
・精神的、肉体的労力の有無

相続税の申告手続き、トゥモローズにお任せください

相続税の手続きは慣れない作業が多く、日々の仕事や家事をこなしながら進めるのはとても大変な手続きです。

また、適切な申告をしないと、後の税務調査で本来払わなくても良い税金を支払うことにもなります。

税理士法人トゥモローズでは、豊富な申告実績を持った相続専門の税理士が、お客様のご都合に合わせた適切な申告手続きを行います。

初回相談は無料ですので、ぜひ一度お問い合わせください。

相続税申告・事業承継の専門家が相談承ります。
相続税申告はトゥモローズにお任せ下さい

関連記事

書籍紹介

  • イレギュラーな相続に対処する 未分割申告の税実務

    清文社 (2016/12/21)

    相続争いに発展してしまった場合の相続税実務について、未分割申告の論点、遺言書がある場合の争い案件の論点、遺産分割等が確定した場合の更正の請求、修正申告、期限後申告の論点につき、実務上特に留意すべき点を具体的・網羅的に解説。

  • 歯科医院の上手なたたみ方・引き継ぎ方 (閉院・事業承継・相続の手順とポイント)

    清文社 (2017/5/16)

    今まさに引退を考え始めている歯科医院の院長は特に必見! 本書は、歯科医院における閉院・事業承継及び相続時に役立つ知識や注意点等をわかりやすくまとめて解説。 1閉院→各種書類はどこにいつまでに提出?2事業承継→子/勤務医/第三者への承継はどのように異なるのか?3相続→相続人に後継者と非後継者がいる場合の財産の分配はどうすればいいの?・・・といった、点を図解をまじえてわかりやすく解説。まさに歯科医院の院長の不安・疑問を総合的に解消できる充実した内容の一冊!