東京都日本橋の相続税・相続手続き・相続不動産の活用専門の税理士法人

Menu

知識

小規模宅地の特例 更新日:

【小規模宅地の特例】これって同居親族?パターン別に徹底解説


こんにちは。

相続税専門の税理士法人トゥモローズです。

今回は、特定居住用宅地の中で重要な論点である「同居」について事例形式で確認していきたいと思います。亡くなった人の同居親族に該当するかどうかで相続税が数百万円、数千万円違ってくることもありますので要チェックです!

※追記:
小規模宅地等の特例について、基本的な情報をわかりやすくまとめた記事を新たに作成いたしましたので、ぜひご覧ください。
小規模宅地等の特例をわかりやすく解説。相続した土地にかかる相続税を最大80%減額

1.同居親族とは?

まず、同居親族とは、どういった人を指すのでしょうか?

税法上、「同居」の定義は明らかにされていませんが、法令解釈通達上、「同居親族」とは、「亡くなる直前に亡くなった人と同じ家で共に起居していた人」と書いてあります。

起居とは簡単に言うと日常生活を一緒にしていたということです。

これだけだとまだ漠然としていますので過去の裁決事例等からもう少し深掘りしたいと思います。

過去の裁決事例等では、亡くなった人と同居していたかどうかは下記の事項を総合的に考慮して判断しています。

● その親族の日常の生活状況
● その建物への入居目的
● その建物の構造及び設備
● その親族に係る生活の拠点となるべき他の建物保有の有無

実務上は、上記4要件を総合的に鑑みながら同居か非同居かを判断していきます。

これでも若干漠然としている部分があるので具体的事例で確認していきましょう。

 

2.具体的事例

 

①亡くなる前に単身赴任

【事例】

亡くなった太郎さん(東京在住、太郎さんの妻は5年前に死亡)は、長男Aと長男の嫁Bとその子Cと4人で同居していました。太郎さんの亡くなる半年前に長男Aが転勤で長崎県に単身赴任することになりました。したがって、太郎さん死亡時は、太郎さんとBとCの三人暮らしとなっていました。太郎さんの亡くなった後もAは単身赴任から戻ることはありませんでした。

この時にAが太郎さんから相続した自宅の敷地は小規模宅地の特例の適用が可能でしょうか?

【回答】

適用が可能です。

単身赴任という特殊事情が解消された時にBやCとまた同居することが明らかであり、生活の本拠は太郎さんの自宅にあったと考えられるためです。

 

②亡くなった後に転勤

【事例】

亡くなった次郎さん(東京在住、次郎さんの妻は5年前に死亡)は、長男Dと長男の嫁Eとその子Fと4人で同居していました。次郎さんが亡くなった半年後に長男Dは会社の辞令で北海道に転勤になってしまいました。なお、EとFは次郎さんの家に申告期限まで住んでいます。
小規模宅地の特例は、申告期限(亡くなってから10ヶ月)まで亡くなった人の家に住んでないといけないという要件があると思いますが、この場合には特例の適用が可能でしょうか?

【回答】

適用が可能です。

転勤という特殊事情が解消された時にEやFとまた同居することが明らかであり、生活の本拠は引き続き次郎さんの自宅にあったと考えられるためです。なお、申告期限前にEとFが別の家に引っ越した場合には小規模宅地の特例の適用はできないと考えられます。

 

③介護のために同居

【事例】

亡くなった三郎さん(東京在住、三郎さんの妻は5年前に死亡)は、ひとり暮らしをしていましたが、亡くなる半年くらい前から介護のために長男Gが三郎さんと一緒に暮らして面倒を看ていました。Gは、千葉に持ち家で家族と住む家がありましたが、亡くなるまでの半年間はほぼその家に帰ることはありませんでした。
また、三郎さんが亡くなった後も相続税の申告期限までは千葉の家族のもとに帰らずに三郎さんの家に住んでいました。

この場合、Gは小規模宅地の特例の適用は可能でしょうか?

【回答】

適用はできません。

Gは、介護のために一時的に三郎さんと暮らしていたに過ぎず、生活の本拠は、千葉の自宅にあると考えられるためです。

 

④住民票のみ同じ

【事例】

亡くなった四郎さん(東京在住、四郎さんの妻は5年前に死亡)は、ひとり暮らしをしていました。四郎さんの相続人は長男Hのみで長男は埼玉に持ち家がありそこで家族と暮らしています。Hが四郎さんの生前に相続税を試算したところ自宅に小規模宅地の特例が使えないため多額の相続税が発生することがわかりました。Hは家族に相談して、四郎さんと同居することにより小規模宅地の特例の要件を満たそうとしましたが、家族に反対されたため住民票だけ東京の四郎さんの自宅に移しました。

この場合Hは小規模宅地の特例の適用が可能でしょうか?

【回答】

適用はできません。

同居親族に該当するかどうかは、住民票ではなく実態で判断するため住民票だけ移しても適用はできません。でも、住民票が同じなら同居していなかったことが税務署にはわからないのではないか?と思う方もいるかもしれませんが、税務署は、郵便物の配達状況、水道光熱費の状況、近所へのヒアリング、勤務先での通勤定期券等で生活の本拠がどこであったかは簡単にわかってしまうのです。

 

⑤二世帯住宅

【事例】

亡くなった五郎さん(東京在住、五郎さんの妻は5年前に死亡)は、二世帯住宅に長男Iと長男の嫁Jで暮らしていました。その二世帯住宅は玄関が五郎さんと長男I夫婦とで別々になっていて、1階に五郎さん、2階に長男夫婦で住んでいました。なお、1階と2階は建物内部で行き来ができません。ちなみに、この建物は区分登記建物ではありません。

この場合Iは小規模宅地の特例の適用が可能でしょうか?

【回答】

適用が可能です。

二世帯住宅については、平成25年度税制改正により、建物内部で行き来できない完全分離型のものであっても同居親族と考えることができるようになり、小規模宅地の特例の適用が可能になりました。

なお、この建物が区分登記建物(1階と2階で登記が分かれているなどの建物)のときは二世帯住宅であっても同居親族とはならず小規模宅地の特例の適用ができませんので注意が必要です。

二世帯住宅のより詳しい内容は、二世帯住宅をパターン別に徹底解説!(建物構造・登記編)を参照してください。

■関連記事:
>>不動産(土地・建物)にかかる相続税と手続・評価方法のわかりやすい解説

相続税の申告手続き、トゥモローズにお任せください

相続税の手続きは慣れない作業が多く、日々の仕事や家事をこなしながら進めるのはとても大変な手続きです。

また、適切な申告をしないと、後の税務調査で本来払わなくても良い税金を支払うことにもなります。

税理士法人トゥモローズでは、豊富な申告実績を持った相続専門の税理士が、お客様のご都合に合わせた適切な申告手続きを行います。

初回相談は無料ですので、ぜひ一度お問い合わせください。

相続税申告・事業承継の専門家が相談承ります。
相続税申告はトゥモローズにお任せ下さい

関連記事

書籍紹介

  • イレギュラーな相続に対処する 未分割申告の税実務

    清文社 (2016/12/21)

    相続争いに発展してしまった場合の相続税実務について、未分割申告の論点、遺言書がある場合の争い案件の論点、遺産分割等が確定した場合の更正の請求、修正申告、期限後申告の論点につき、実務上特に留意すべき点を具体的・網羅的に解説。

  • 歯科医院の上手なたたみ方・引き継ぎ方 (閉院・事業承継・相続の手順とポイント)

    清文社 (2017/5/16)

    今まさに引退を考え始めている歯科医院の院長は特に必見! 本書は、歯科医院における閉院・事業承継及び相続時に役立つ知識や注意点等をわかりやすくまとめて解説。 1閉院→各種書類はどこにいつまでに提出?2事業承継→子/勤務医/第三者への承継はどのように異なるのか?3相続→相続人に後継者と非後継者がいる場合の財産の分配はどうすればいいの?・・・といった、点を図解をまじえてわかりやすく解説。まさに歯科医院の院長の不安・疑問を総合的に解消できる充実した内容の一冊!