相続税申告、相続手続き、相続不動産の活用などを専門で承っています

Menu

知識

小規模宅地の特例 更新日:

【小規模宅地の特例】被相続人が老人ホームに入居していた場合の論点をパターン別に徹底解説


こんにちは。

相続税専門の税理士法人トゥモローズです。

亡くなった人が老人ホームへ入居していた場合、もともと住んでいた宅地について、特定居住用の小規模宅地の特例は適用可能なのでしょうか?

この論点については、平成25年度税制改正により平成26年1月1日相続開始の案件から原則として小規模宅地の特例の適用が可能となりました。

改正後の重要な要件は、下記の3つです。

① 被相続人が亡くなる直前において要介護認定等を受けていたこと

② 被相続人が「老人福祉法等に規定する老人ホーム」に入居していたこと

③ 被相続人が住んでいた建物を老人ホーム入居後に『事業の用』又は『「被相続人」、「被相続人の生計一親族」、「老人ホーム入居直前に被相続人と生計を一にし、かつ、その建物に引き続き居住している被相続人の親族」以外の居住の用』に供さないこと

※ ①の要件における要介護認定等の詳細は、老人ホーム 要介護認定等について詳説を参照してください。
※ ③の要件における下線の「被相続人等」の「等」は、被相続人の生計一親族を指します。生計一親族については、生計一親族とは? サザエさん一家で確認!を参照してください。

しかし、この改正によりどんなパターンでも全てが適用可能になったというわけではなく、適用ができないパターンも未だに存在しますので、パターン別にわかりやすく解説します。

※追記:
小規模宅地等の特例について、基本的な情報をわかりやすくまとめた記事を新たに作成いたしましたので、ぜひご覧ください。
小規模宅地等の特例をわかりやすく解説。相続した土地にかかる相続税を最大80%減額

1.老人ホーム入居前に同居親族がいない場合

 

① 空き家のまま亡くなった場合

小規模宅地の特例(老人ホーム)

⇒ 配偶者家なき子が相続した場合に、

特定居住用宅地等に該当し、80%の評価減が可能!

※ 家なき子については、小規模宅地の特例 こうしておけば(泣)にならないために 家なき子編を参照してください。

 

② 老人ホーム入居後の空き家に生計一親族が入居した場合

小規模宅地の特例(老人ホーム)

⇒ 配偶者生計一親族が相続した場合に、

特定居住用宅地等に該当し、80%の評価減が可能!

 

③ 老人ホーム入居後の空き家に生計別親族が入居した場合

小規模宅地の特例(老人ホーム)

⇒ 特定居住用宅地等に該当しないため、小規模宅地の特例の適用不可!

(老人ホーム入居後、被相続人等以外の居住の用に供してしまったため)

 

④ 老人ホーム入居後の空き家を第三者に賃貸した場合

小規模宅地の特例(老人ホーム)

⇒ 特定居住用宅地等に該当しないが、貸付事業用宅地等に該当、50%の評価減が可能!ただし、平成30年4月1日以降相続開始案件については、3年事業継続又は事業的規模の要件がありますので要注意です。

 

2.老人ホーム入居前に同居親族がいる場合

 

① 引き続き生計一親族が居住した場合

小規模宅地の特例(老人ホーム)

⇒ 配偶者生計一親族が相続した場合に、

特定居住用宅地等に該当し、80%の評価減が可能!

 

② 老人ホーム入居後、生計一親族が転居し空き家になった場合

小規模宅地の特例(老人ホーム)

⇒ 配偶者家なき子が相続した場合に、

特定居住用宅地等に該当し、80%の評価減が可能!

 

③ 老人ホームの入居により、生計一親族が生計別親族となり、引き続き居住した場合

小規模宅地の特例(老人ホーム)

⇒ 配偶者生計別親族が相続した場合に、

特定居住用宅地等に該当し、80%の評価減が可能!

相続税申告はトゥモローズにお任せ下さい
相続税申告・事業承継の専門家が相談承ります。

書籍紹介

  • イレギュラーな相続に対処する 未分割申告の税実務

    清文社 (2016/12/21)

    相続争いに発展してしまった場合の相続税実務について、未分割申告の論点、遺言書がある場合の争い案件の論点、遺産分割等が確定した場合の更正の請求、修正申告、期限後申告の論点につき、実務上特に留意すべき点を具体的・網羅的に解説。

  • 歯科医院の上手なたたみ方・引き継ぎ方 (閉院・事業承継・相続の手順とポイント)

    清文社 (2017/5/16)

    今まさに引退を考え始めている歯科医院の院長は特に必見! 本書は、歯科医院における閉院・事業承継及び相続時に役立つ知識や注意点等をわかりやすくまとめて解説。 1閉院→各種書類はどこにいつまでに提出?2事業承継→子/勤務医/第三者への承継はどのように異なるのか?3相続→相続人に後継者と非後継者がいる場合の財産の分配はどうすればいいの?・・・といった、点を図解をまじえてわかりやすく解説。まさに歯科医院の院長の不安・疑問を総合的に解消できる充実した内容の一冊!